我々の支払った年金が投資の元金になっている驚愕の事実。

 

 

 

 

今回のお金にまつわるテーマは…

 

 

あなたは自覚の無いところで投資していた⁇なんです。

 

 

結論

 

我々の感覚では「掛け捨ての保険料」の様な年金ですが、実際には年金を元金として

国が投資を行っている

 

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、大半の方はご存知無いかと思われます。

 

わたしも知らない1人でした。

 

 

 

なので我々は既に投資経験ありと言う事になりますね。

 

 

そこまで世間の方にはあまり知られていませんがGPIFと言う機関が有ります。

 

それはどう言った機関なのか⁇と言う質問にお答えすると…

 

「年金積立金管理運用独立行政法人」

 

と言う機関になります。

(団体名が長い‼︎)

 

その機関に安倍現総理大臣が指示を出して我々が払っている年金を使って、株式投資をして運用しています。

 

リンクを貼っておきますので、詳細が気になった方は実際に見てもらえるとお分かり頂けます。

 

 

年金積立金管理運用独立行政法人

 

 

 

なぜ我々の支払った年金でそんな事をするのか⁇

 

 

まず年金というものを理解しなければなりません。

 

 

 

年金と言う物は自分が積み立てた分が貰えると言うことではありません。

 

 

下の画像は厚生労働省から転出したものになりますが、積立保険料+積立金となっております。

厚生労働省から転出した画像ですがこの積立金活用が投資と言う事でしょうね。

年金納付者からお金を徴収して年配の方の生活支援金を渡す。

 

それが今では若者<年配になってしまいこのままでは年金制度が破綻してしまう。

 

それで安倍さんがその年金を使って株式投資をして少しでも増やそうぜ‼︎

 

として運用しているのがこの年金積立金管理運用独立行政法人です。

 

なので私たちは知らずと年金を払っているうちに投資をしているって事になりますね‼︎

 

だからと言って年金を支払わない‼︎と言うのは論外なので、年金は支払わなければならないお金と割切り、自分の老後は自分で賄う‼︎

 

と言った意気込みの方がポジティブに行動できます。そして既に投資をしているんだったら…

 

と自分自身も投資の世界へ足を踏み入れても良いかも知れません。

 

ですが必ずしも資金を増やせる。と言う訳では無いので実際皆様がやらないんだと思われます。

 

ですが資金を増やすにはこの「投資」無しでは不可能に近いため、老後2000万円問題にもあった。

 

自由のお金を増やすには投資の知識を付けてから第一歩を踏み出しましょう。

 

  

コメントを残す